Ride&Joy

レンタルバイク・ツーリングでバイクの世界を楽しもう!

【関西】ツーリング絶景スポット

和歌山ツーリングスポット11選、高野龍神スカイラインなど絶景画像30枚

投稿日:

1. 和歌山の人気ツーリングコース「高野龍神スカイライン」

※[ 読み方 ] =こうやりゅうじんスカイライン

「高野龍神スカイライン」の詳細

高野龍神スカイラインは、高野山と龍神温泉を結ぶ延長42.7キロメートルの道路です。日本仏教の聖地である「高野山」をはじめ、道の駅「ごまさんスカイタワー」、日本三美人の湯「龍神温泉」などもあるので、和歌山ツーリングでは定番のスポットとなっています。キレイな路面なうえに大型車と十分すれ違えるほどの道幅が確保されているので、気持ちよく走ることができます。ただし、バイク事故は多いため速度の出し過ぎには注意が必要です。

  • [ 住所 ] 〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神
  • [ アクセス ] 国道370号線「向副」交差点を国道371号線方面へ⇒371号線を24Km直進⇒「中の橋」交差点を龍神スカイライン方面へ⇒「龍神スカイライン」約2時間
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] なし
  • [ 定休日 ] 12月中旬~3月末まで終日通行禁止
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://scenic-highway.net/

2. 海岸線から延びる幻想的な岩柱「橋杭岩」

※[ 読み方 ] =はしくいいわ

「橋杭岩」の詳細

橋杭岩は、東牟婁郡串本町にあります。海岸から紀伊大島まで、大小約40の岩が850メートルにもわたって連なっています。国の名勝、国の天然記念物にも指定されている観光名所で、朝日が美しいことから日本の朝日百選にも選定されています。弘法大師と天の邪鬼が、串本から沖合の島まで橋をかける競争をしたという伝説が残されている場所でもあります。国道42号沿いとアクセスも良く、道の駅もあるためツーリングの休憩ポイントとしても利用することができます。

  • [ 住所 ] 〒649-3511 和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1549番地8
  • [ アクセス ] 大阪方面:南紀田辺ICから国道42号を南下、東京・名古屋方面:大宮大台ICから国道42号を南下
  • [ 営業時間 ] 9:00~18:00 ※10~3月は17:00まで
  • [ 電話番号 ] 0735-62-5755
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://www.michi-no-eki.jp/

3. 自然が生んだ美しき水田「あらぎ島」

※[ 読み方 ] =あらぎじま

「あらぎ島」の詳細

あらぎ島は、有田郡有田川町にある水田です。正しくは嶋新田といい、漢字にすると「蘭島」となります。農林水産省による日本の棚田百選に選定されている有田川町のシンボルで、大小54の水田が階段状に扇形にされています。経由する国道480号は一部渋滞しやすい箇所があるものの、きれいな路面なので気持ち良くワインディングすることができます。あらぎ島から800メートルほどの場所には道の駅もあるので、休憩ポイントとして活用できます。

  • [ 住所 ] 〒643-0521 和歌山県有田郡有田川町清水
  • [ アクセス ] 阪和自動車道有田ICまたは有田南ICから約50分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 0737-52-2111
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.town.aridagawa.lg.jp/

4. 大阪の都市夜景を望む「紀泉高原スカイライン」

「紀泉高原スカイライン」の詳細

紀泉高原スカイラインは、和歌山県紀の川市北部にある林道です。正式には「林道紀泉高原線」といい、和歌山県内のみを通っています。紀泉高原スカイラインの頂上や入口には、キレイな大阪の夜景を一望できる「和泉葛城山展望台」や、温泉の色が地球の自転による気圧や遠心力の変化によって変わる「神通温泉」などがあります。展望台を過ぎれば道が荒れますし、季節によっては落ち葉で滑りやすくなっているので注意が必要です。しかし、一貫してキレイな路面で走りやすいので、和歌山ツーリングではおすすめのコースとなります。

  • [ 住所 ] 林道紀泉高原線
  • [ アクセス ] 和歌山県道62号を紀州高原スカイライン方面へ
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 0736-77-2511
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://ja.wikipedia.org/

5. 関西随一のススキ大草原「生石高原」

※[ 読み方 ] =おいしこうげん

「生石高原」の詳細

生石(おいし)高原とは、和歌山県北部を東西方向に走る「長峰山脈」にある、標高870メートルの高原のことです。春の新緑、秋のススキが有名で、360度の眺望を楽しむことができます。晴れた日には、六甲山、淡路島、徳島まで見られることもあります。ハイキングやキャンプといったアウトドアも満喫できるので、ツーリングにも最適です。ただし、観光客が多いので、休日・シーズンになると道路あるいは駐車場が混み合うことも多く、混雑する時間帯は避けた方が良いでしょう。

  • [ 住所 ] 〒643-0131 和歌山県有田郡有田川町生石
  • [ アクセス ] 阪和自動車道有田ICから県道22号、国道480号経由約40分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 0737-52-2111
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.town.aridagawa.lg.jp/

6. 世界遺産と日本三大名滝の贅沢!「那智山スカイライン」

※[ 読み方 ] =なちさんスカイライン

「那智山スカイライン」の詳細

那智山(なちさん)スカイラインは、東牟婁郡那智勝浦町大字那智山から大字南平野に至る延長6.1キロメートルの一般道路です。世界遺産の一部である「熊野那智大社」と日本三大名滝の「那智の滝」、熊野灘を一望できる「那智山見晴らし台」などがあります。2007年までは有料道路だったこともあり、道幅は広く走りやすい道路となっています。しかし、ヘアピンカーブや急カーブもあるうえ、落ち葉の季節には滑りやすくなっているので、走行には注意が必要です。和歌山ツーリングを語るうえでは、外せないコースのひとつとなります。

  • [ 住所 ] 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山付近
  • [ アクセス ] 和歌山県道「井関」交差点を那智山方面へ⇒「和歌山県道46号線(那智スカイライン)」約30分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] なし
  • [ 定休日 ] 年中無休 ※天候によっては通行止めの場合あり
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://www.jalan.net/

7. 太平洋の絶景オーシャンビュー「国道42号」

「国道42号」の詳細

国道42号は、和歌山県和歌山市から静岡県浜松市までを結ぶ一般道路です。南紀地方の主要ツーリングスポットのひとつで、太平洋のオーシャンビューを望むことができます。中でも、穴が中央に空いた形の「円月島」、広い岩畳のような大岩盤の「千畳敷」、波の浸食によりできた洞窟「三段壁洞窟」などの観光地は有名です。また、白浜温泉やアドベンチャーワールドなどのレジャー施設も豊富にあります。路面の状況も良く、以前より交通量も少なくなっているので、近年ではツーリングスポットの穴場ともいわれています。

  • [ 住所 ] 国道42号
  • [ アクセス ] 紀勢自動車道上富田より数分(白浜周辺)
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] なし
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://ja.wikipedia.org/

8. 四季折々の渓谷美を堪能「奇絶峡」

※[ 読み方 ] =きぜつきょう

「奇絶峡」の詳細

奇絶(きぜつ)峡は田辺市の会津川上流にある渓谷で、一帯は田辺南部海岸県立自然公園の一部に指定されています。桜や紅葉の名所としても知られていて、四季折々の渓谷美をみることができます。会津川両岸約2キロメートルには絶壁が差し迫り、奇岩や巨岩が立ちならびます。特に不動の滝のはるか上方の一枚岩に刻まれた堂本画伯による原画「磨崖三尊大石仏」は目を奪われます。周辺を通る県道29号は和歌山ツーリング定番のワインディングロードですが、路面はキレイで狭い箇所もないので気持ちよく走ることができます。

  • [ 住所 ] 〒646-0001 和歌山県田辺市上秋津
  • [ アクセス ] 紀勢自動車道・阪和自動車道南紀田辺ICより国道42号、県道29号約15分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 0739-22-5300
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.tanabe-kanko.jp/

9. 川原を掘って風呂をつくる秘湯「川湯温泉」

※[ 読み方 ] =かわゆおんせん

「川湯温泉」の詳細

川湯(かわゆ)温泉は、田辺市本宮町にある温泉です。川原を掘れば温泉が湧くという全国的にも珍しい温泉となっています。夏には川遊びをしながら温泉に入ることができるうえ、流量の減る冬(12月~2月末日)には川をせき止めて「仙人風呂」がつくられます。素手で掘ることも十分ですが、近隣の宿に泊まる予定があればスコップを無料で貸してもらうことができます。周辺の主要道路である国道311号は、熊野古道に沿って整備されているので走りやすくなっています。温泉街であるうえキャンプも楽しめるので、和歌山のキャンプツーリングには最適です。

  • [ 住所 ] 〒647-1711 和歌山県田辺市本宮町川湯
  • [ アクセス ] 阪和自動車道田辺ICより約1時間20分
  • [ 営業時間 ] 6:30~22:00
  • [ 電話番号 ] 0735-42-0735
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://www.jalan.net/

10. 「串本~熊野古道」

※[ 読み方 ] =くしもと

「串本~熊野古道」の詳細

熊野古道周辺は観光客が多く、イメージしていた静謐とは少し遠い印象です。しかし、道に一歩踏み入れると、喧騒が絶え静謐な空気が満ちます。那智の大滝、熊野大宮と散策し、帰りに橋杭岩の道の駅でマグロバーガーを食べながら海を見て帰ります。串本海中公園のあたりではウミガメも見られます。高速道路もすいているためすいすいで、気持ちよく走って、気持ちいい景色、おいしい食べ物にお腹も満たされて満足して帰ることが出来ます。

  • [ 住所 ] 和歌山県田辺市本宮町本宮1110
  • [ アクセス ] 豊中IC~近畿自動車道~阪和自動車道~紀勢自動車道~串本~熊野古道 バイクで2時間くらい
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 無し
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.hongu.jp/

11. 西日本最大級の海鮮マーケット「とれとれPARK」

「とれとれPARK」の詳細

とれとれPARKは、牟婁郡白浜町にある大型複合施設です。敷地面積15,000坪のスケールをほこる、西日本最大級の海鮮マーケット「とれとれ市場」をはじめ、温泉、お土産売り場、レジャー、宿泊施設、レストランなどが建ちならんでいます。普通車777台分、バス70台分の大型駐車場が完備されているので、大型サービスエリア以上の規模があります。和歌山ツーリングの中でも最もメジャーなスポットのひとつで、さまざまな目的で利用することが可能です。周辺は路面状態の良い海岸線や国道42号なので、利用しやすいといえるでしょう。

  • [ 住所 ] 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田
  • [ アクセス ] 阪和自動車道南紀田辺ICまたは上富田ICより国道42号、田辺市新庄町田鶴交差点より白浜道路約5km
  • [ 営業時間 ] 8:30~18:30 ※シーズン中は延長の場合あり
  • [ 電話番号 ] 0739-42-1010 ※とれとれ市場
  • [ 定休日 ] 公式HP参照。※無休または月に1~2日
  • [ 料金 ] 無料 ※バーベキュー、温泉などの施設利用は有料
  • [ 参考URL ] http://www.toretore.info/

▼和歌山ツーリングスポットまとめ

▼ツーリング計画に最適GoogleMap!

▼和歌山ツーリング、レンタルバイクの活用も!

和歌山には大自然がたくさん残っているので、絶景を楽しめるツーリングコースが多くあります。しかも海岸線、山岳ルート、高速道路を気軽に選ぶことができる点も人気の理由といえるでしょう。また、観光地や道の駅だけではなくキャンプ場もあるので、キャンプツーリングも可能です。紅葉や桜といった景色、みかんや梅といった特産品もあるので、季節による変化を楽しめます。和歌山市内では名物の和歌山ラーメンがあるため、関西ライダーの間では和歌山ラーメンツーリングも隠れた人気のようです。ぜひ、自分流の楽しみ方をみつけてみてください。

-【関西】ツーリング絶景スポット

Copyright© Ride&Joy , 2017 All Rights Reserved.