Ride&Joy

レンタルバイク・ツーリングでバイクの世界を楽しもう!

沖縄県 古宇利島 古宇利大橋

【九州・沖縄】ツーリング絶景スポット

沖縄ツーリングスポット13選、エメラルドグリーンの絶景画像30枚

投稿日:

1. 美しいサンセットと東シナ海を一望「渡具知ビーチ」

※[ 読み方 ] =とぐちビーチ

「渡具知ビーチ」の詳細

渡具知ビーチは、中頭郡読谷村にある泊城(とまりぐすく)公園内にあるビーチです。公園にはビーチのほか、レストランやバーベキューといった施設も整っています。夕方になると、東シナ海に沈む幻想的なサンセットをみることができます。季節によってはマリンスポーツを楽しむことができるほか、公園はキレイに整備されているのでウォーキングや子どもたちを遊ばせるのも安心です。主に地元の方が利用している穴場的な場所で、ツーリングにも最適です。

  • [ 住所 ] 〒904-0315 沖縄県中頭郡読谷村字渡具知228
  • [ アクセス ] 沖縄南ICより約11.7km、約24分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 098-982-8877
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.yomitan-kankou.jp/

2. 海中ツーリング「海中道路」

「海中道路」の詳細

海中道路はうるま市にある道路であり、沖縄県道10号伊計平良川線の一部分となります。勝連半島と平安座島を結ぶ全長約5キロメートルの道路で、沖縄を代表するシンボルロードとされています。当初は産業道路として建設されましたが、まるで海の中を走っているような感覚を楽しむことができると近年人気が高まっています。中央分離帯のある4車線の道路で、ほとんどが直線となっています。道路の途中には道の駅があるので、ツーリングの途中で休憩をとることができます。

  • [ 住所 ] 沖縄県うるま市与那城屋平
  • [ アクセス ] 沖縄自動車道沖縄北ICより30分程度
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 098-978-8830 ※道の駅「あやかし館」
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.urumajikan.com/

3. 古宇利島大橋

「古宇利島大橋」の詳細

沖縄にはやはり青い海、青い空がとてもきれいです。そのどちらも大パノラマで見れるのはすごく気持ちがいいです。しかも、橋の上なので、風が強く爽快感がたまらないです。また、一本道の直線で、信号もなく、見通しもすごく良いのでバイク好きやツーリング好きにはもってこいのスポットとなっています。海好きの男友達やロマンチックに彼女と来ても良い最高のスポットです。

  • [ 住所 ] 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
  • [ アクセス ] 空港から58号線沿いを北に平すら真っ直ぐ走ると到着する
  • [ 営業時間 ] 5時から19時の間
  • [ 電話番号 ] なし
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.goobike.com/

4. 沖縄南部の穴場的絶景スポット「ニライカナイ橋展望台」

「ニライカナイ橋展望台」の詳細

ニライカナイ橋は、南城市知念にある国道331号周辺の山にある大きな橋です。ニライカナイとは沖縄に伝わる他界概念のことで、「はるか遠い東の海の彼方」または「海の底」「地の底」という意味があります。ニライ橋とカナイ橋を合わせた名前のことで、沖縄南部では穴場的ツーリング・ドライブスポットとなっています。ニライカナイ橋の頂上付近のトンネルより上には展望台があり、絶景がみられます。展望台の駐車場は車両進入禁止となっているため、入口付近に車両を停める必要があります。橋の途中でも絶景はみられますが、危険なので途中で車両を停めないようにしましょう。

  • [ 住所 ] 〒901-1400 沖縄県南城市知念吉富
  • [ アクセス ] 那覇空港より名嘉地ICから豊見城東道路に入り南風原南IC下車、県道82号~県道86号~国道331号
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] なし
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.odnsym.com/

5. 琉球国王が愛した絶景「万座毛」

※[ 読み方 ] =まんざもう

「万座毛」の詳細

万座毛(まんざもう)は国頭郡恩納村にある景勝地で、像の形をした岩が海岸の絶壁部分についていることが大きな特徴です。東シナ海に面していて、沖縄海岸国定公園に属します。かつての琉球国王であった尚敬王が愛した場所で、一万人が座れる原っぱ(万毛)と評したことから万座毛と呼ばれるようになったとされています。海中の岩がみえるほど透明度が高く、カラフルな魚が泳いでいる姿をみることもできます。ツーリングで向かうときは、高い崖でありながら柵がない場所もあるので足元に注意しましょう。

  • [ 住所 ] 〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納
  • [ アクセス ] 那覇空港より沖縄自動車道屋嘉IC下車、約10分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 098-966-2893
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://www.vill.onna.okinawa.jp/

6. 太平洋と東シナ海のはざま「喜屋武岬」

※[ 読み方 ] =きやんみさき

「喜屋武岬」の詳細

喜屋武(きやん)岬は、糸満市喜屋武にある沖縄本島南西端にある岬です。キヤン(またはキャン)とは、限度や到達という意味をもつ「きやめ」から転訛したと考えられています。高さ10~20メートルほどの断崖が切り立つ岬で、この岬を境に東シナ海と太平洋にわかれています。喜屋武岬は沖縄戦跡指定公園に含まれていて、岬の先には平和の塔が建てられています。沖縄空港から南下するコースは日帰り可能なので、手軽なツーリングコースとして高い人気があります。

  • [ 住所 ] 〒901-0354 沖縄県糸満市字喜屋武
  • [ アクセス ] 那覇空港から40分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 098-840-8135
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.city.itoman.lg.jp/

7. 果てしなく続く地平線「残波岬灯台」

※[ 読み方 ] =ざんぱみさきとうだい

「残波岬灯台」の詳細

残波岬は、中頭郡読谷村にある沖縄本島最西端の岬です。東シナ海に面していて、周囲は人の手が入っていない海岸線が自然のまま残っています。高さ約30メートルの断崖が約2キロメートルも続いていて、晴れた日には慶良間諸島まで望むことができます。沖縄県内では有数の景勝地であり、イノーと呼ばれるサンゴは本当屈指の広さがあります。荒々しい断崖からは絶景がみられ、特に太陽が沈む夕刻の景色は最高です。アクセスが良いので、日帰りツーリングコースにも向いています。

  • [ 住所 ] 〒904-0328 沖縄県中頭郡読谷村宇座
  • [ アクセス ] 那覇空港より国道332号線から国道58号線に入りまっすぐ北上。読谷村喜名交差点を左折し県道12号線を直進、高志保交差点を右折し県道6号
  • [ 営業時間 ] 5-9月 9:30-16:30、10-4月 9:00-16:00
  • [ 電話番号 ] 098-958-0038
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 参観寄付金大人200円
  • [ 参考URL ] http://www.yomitan-kankou.jp/

8. 国頭村茅打ちバンタ

※[ 読み方 ] =くにがみそん、かやうちばんた

「国頭村茅打ちバンタ」の詳細

ツーリング初心者でもラクに到達可能な国道沿いの休憩エリアです。沖縄県内北部は県内では比較的交通量が少なく、また当スポットは特に信号機も少なく、マイペースのツーリングに最適かと思います。

ツーリングの皆さまのマナーもよく、また現地の住民の方も配慮いただける事が多く、道を譲られたりする事がほとんどです。

那覇方面から北上すると道中は左手に海岸線が延々と続き、右手には生活感のある民家や郊外を楽しむ事ができます。最近は観光客向けの店舗が右手に多く作られ、沖縄観光の方が立ち寄っている風景がよく見られます。渋滞もなくお勧めです。

  • [ 住所 ] 沖縄県国頭郡国頭村宜名真(国道58号)
  • [ アクセス ] 名護市役所から県最北部辺戸岬向け1時間
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 無し
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://ja.wikipedia.org/

9. 琉球王国が残した世界文化遺産「斎場御嶽」

※[ 読み方 ] =せーふぁうたき

「斎場御嶽」の詳細

斎場御嶽は南城市にある史跡で、15~16世紀の琉球王国時代の御嶽といわれています。御嶽とは琉球の信仰における祭祀などを行う場所のことで、沖縄方言で「せーふぁ」とは「最高の」あるいは「最高位」という意味があります。ただし実際の神名は「君ガ嶽、主ガ嶽」といい、斎場御嶽は通称となります。2000年には世界遺産に登録されているほか、国の重要文化財にも指定されています。世界遺産ということもあり、沖縄ツーリングにおいて一度は訪れておきたいスポットのひとつといえるでしょう。

  • [ 住所 ] 〒901-1511 沖縄県南城市知念字久手堅
  • [ アクセス ] 沖縄自動車道南風原北ICから約25分
  • [ 営業時間 ] (3~11月)9:00~18:00、(11~2月)9:00~17:30
  • [ 電話番号 ] 098-949-1899
  • [ 定休日 ] 年2回の休息日あり ※公式HP参照
  • [ 料金 ] 
  • [ 参考URL ] http://www.city.nanjo.okinawa.jp/

10. 瀬長島

「瀬長島」の詳細

当スポットは所在する豊見城市発祥の地で、戦前は安産祈願の地として崇められた歴史ある名所です。また那覇空港の離発着を間近に非常に見る事ができ、観光客が絶えません。島の周りは整備が進み海水浴・潮干狩りの定番スポットで、休憩スポットが多くあり、集団ツーリングも多々見受けられます。夕日・朝日を拝むにも絶景です。

  • [ 住所 ] 沖縄県豊見城市字瀬長174番地付近
  • [ アクセス ] 豊見城警察署近くの橋を歩いて20分
  • [ 営業時間 ] 24時間
  • [ 電話番号 ] 無し
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] http://www.hotelwbf.com/

11. 東洋一の景観をもつ鍾乳洞「玉泉洞」

「玉泉洞」の詳細

玉泉洞(ぎょくせんどう)は、南城市にある鍾乳洞です。20万~50万年という長い年月を経てつくられた鍾乳洞は、1967年に愛媛大学学術探検部によって発見されました。1972年には観光用として公開され、現在ではおきなわワールド文化王国・玉泉洞の一施設となっています。全長は日本最大級の5,000メートルにも達していますが、一般公開されているのはほんの890メートルとなっています。神秘的な景観は東洋一という評価もあり、海外からも多くの観光客が訪れています。アクセスが良いので、日帰りツーリングでは定番のスポットとなっています。

  • [ 住所 ] 〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川1336番地
  • [ アクセス ] 那覇空港から沖縄自動車道南風原南IC下車、約10分
  • [ 営業時間 ] 9:00~18:00(最終受付は17:00)
  • [ 電話番号 ] 098-949-7421
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 大人個人1,650円
  • [ 参考URL ] http://www.gyokusendo.co.jp/

12. 世界最大級の水族館「美ら海水族館」

「美ら海水族館」の詳細

美ら海水族館は、沖縄本島北西部に位置する国頭郡本部町にある水族館です。本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区内にあり、沖縄では有数の観光地となっています。「ちゅらうみ」とは、沖縄方言で「清らしい海」という意味をもちます。2005年まで水族館として世界最大、館内には7500立方メートルある世界最大級の水槽があります。大水浴を泳ぐイルカやジンベエザメは特に人気があり、入館者は年間200万人以上といわれています。沖縄では人気のツーリングスポットなので、一度は訪れてみたいというライダーも多いのではないでしょうか。

  • [ 住所 ] 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
  • [ アクセス ] 沖縄自動車道許田ICから国道58号、国道449号、県道114号
  • [ 営業時間 ] (10~2月)8:30~18:30、(3~9月)8:30~20:00
  • [ 電話番号 ] 0980-48-3748
  • [ 定休日 ] 12月の第一水曜日とその翌日の木曜日
  • [ 料金 ] 大人1,850円
  • [ 参考URL ] https://churaumi.okinawa/

13. タコライス発祥のお店「キングタコス」

「キングタコス」の詳細

タコライスは沖縄料理のひとつで、メキシコの郷土料理であるタコスの具をご飯のうえに乗せて、辛みのあるソース(サルサ)をかけて食べます。1984年に国頭郡金武町で生まれたメニューで、1990年代からは学校給食になるほど沖縄ではメジャーな料理です。安価でボリュームのある料理を提供しようと開発され、キングタコスの前身であるパーラー千里では大人気のメニューとなりました。その後、キングタコスを通じて沖縄本島各地に広がりました。沖縄ツーリングコースには欠かせない店舗のひとつとなっています。

  • [ 住所 ] 〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武4244−4
  • [ アクセス ] 沖縄自動車道金武ICから5分
  • [ 営業時間 ] 10:30~24:00(店内22:30まで)
  • [ 電話番号 ] 090-1947-1684
  • [ 定休日 ] 年中無休
  • [ 料金 ] 無料
  • [ 参考URL ] https://tabelog.com/

▼沖縄ツーリングスポットまとめ

▼ツーリング計画に最適GoogleMap!

▼沖縄ツーリング、レンタルバイクの活用も!

沖縄の公共交通機関といえば、基本的にバスとモノレールだけとなります。モノレールは那覇市内のみとなっているため、県内の移動にはバイクや車が欠かせません。しかし、那覇市内は渋滞が慢性的に起こっているため、やはりバイクが便利です。また沖縄には素晴らしい海の景色があるので、ツーリングを最高に楽しむことができます。ただし、沖縄の道路は石灰岩が含まるため雨のときは路面が非常に滑りやすくなっています。急に雨が降ったときには、注意して運転しましょう。

沖縄の道路
沖縄レンタルバイク、格安・規模ランキング!No1はどこ?

誰もが憧れる日本のリゾートといわれる沖縄。国内外からたくさんの観光客が訪れることもあって、レンタルバイク店はかなり多いと ...

続きを見る

-【九州・沖縄】ツーリング絶景スポット

Copyright© Ride&Joy , 2018 All Rights Reserved.